スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CS6/Autodesk 3ds Max 2013

AEが5月にCS6にバージョンアップされました。
かなりの新機能追加となっています。
http://www.adobe.com/jp/products/aftereffects.html
(今秋からの授業ではCS5.5を使用します)

************
Autodesk 3ds Maxの4月のバージョンアップで
After Effectsとの連携機能が加わりました。
Autodesk 3ds Max 2013

「Adobe After Effects との相互運用性」
Adobe® After Effects® を使用している場合、Autodesk 3ds Max 2013 および3ds Max Design 2013 との2D/3D データ交換の相互運用性が今まで以上に向上しています。新しいメディア同期機能には、2 種類のカメラ移動、ライト、Null オブジェクト、プレーン オブジェクト/ソリッド、フッテージ、フッテージ レイヤー、ブレンド モード、不透明度、エフェクトなどがあります。これらの機能を使用すれば、より効果的に反復作業を行い、再作業を削減してより短期間でプロジェクトを完成できます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

麻田弦

Author:麻田弦
映像ディレクター。クラブVJを経てミュージックビデオ演出。bonobos、キセル、ガガガSPなど多数。

おすすめiPadアプリ
米国で30年以上の歴史を持つハリウッド映画の VFXマガジン『Cinefex』のiPad対応アプリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
zenback
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。