スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノードベースの合成(コンポジット)

授業でも触れたようにAfter Effectsはレイヤーベースのソフト。
それに対してNukeやFlameといった合成ソフトはノードベース。
コンポジッターを目指す場合にはタイムラインの横方向より
縦方向(合成そのもの)に力点が置かれたノードベースの合成も理解し
慣れておいたほうがよい。3Dソフトとの親和性も高いのが特徴。

以下、CG WORLDの記事のリンク。
ノードベースソフトの考え方が分かりやすく解説されている。

Vol.1:AEユーザーのためのNuke的思考

Vol.2:続・AEユーザーのためのNuke的思考






↑ノードベースだけでなく、AEでの合成でも参考になる点が多い。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
プロフィール

麻田弦

Author:麻田弦
映像ディレクター。クラブVJを経てミュージックビデオ演出。bonobos、キセル、ガガガSPなど多数。

おすすめiPadアプリ
米国で30年以上の歴史を持つハリウッド映画の VFXマガジン『Cinefex』のiPad対応アプリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
zenback
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。